コラム/Column

HOME > コラム > 事業再生の現場では(6)「社員」

事業再生の現場では(6)「社員」

会社、特に中小企業の帰趨を左右するのは、「経営者」です。

と言っても、社員やスタッフのことを蔑ろにしてよい訳では決してありません。

と言うよりも、企業の再生を成就させるには、社員が本当に頑張ってくれるか

が、最も大切なことだと思います。

経営者の仕事は、会社の進むべき方向性を社員に示し、社員のやる気や潜

在能力といったものを、もう一度引き出すことにある、ということです。

 

但し、再生に迫られている企業では業績が長期低迷しており、「何年もボーナ

スはゼロ」、「退職者が出てもその補充が無く、一人に課せられる業務量が

年々増している」、「にも関わらず、残業はするな、と言われる」、「投資に回す

お金がなく、新商品の開発ができない」、「自社商品の商品力が落ちる一方で、

営業現場では悔しい思いが続いている」などなど、社員のモチベーションが下

がることばかりが起こっています。

 

このような現場で、事業再生に取り組もうとした時、社員に対してどんな働き

けをすればよいのか。

答えは、前回のテーマでもあった「コミュニケーション」しかない、と思います。

経営者は、会社の現状を率直に伝え、どうすることによってこの難局を乗り越

ようとしているのかを、社員に対し、熱く語りかけることです。

会社の苦しい状態を具体的に社員に示すことに抵抗を感じる経営者はたくさ

います。でも、苦境を共有することが、全ての出発点だと思います。

                                            以 上